夢の新築一戸建てを持とうと思ったきっかけ

PR| 大津市でマイホーム計画を立てるなら | 東広島市でリフォーム計画するなら安城市で外観にこだわった注文住宅 |

夫の会社では、結婚後、最大8年間は会社の社宅にいることができます。逆に言うと、8年間たったら、社宅は出ないといけないので、その間に新築一戸建てのマイホームを持つか、持たないなら賃貸住宅に住み替えるか、を選ばないといけないわけです。会社としては、社宅を出るときに自分の住まいを持つ、ということを後押しするかのように、利子の補助制度、住宅を建てるときに関連会社のハウスメーカーで建てると割引をする制度など、さまざまな制度を設けていました。そういった会社の戦略に乗せられたようで、私たちも社宅を出るときは、自分たちの住居を持つ時だ、そう信じて、貯金に励んでいました。
最初は、人間関係もよくて、安い家賃で比較的広い間取りの社宅に住んでいることが心地よくて、ぎりぎり8年間は社宅にいようと考えたわけです。ですが、子どもが産まれて、少しずつ子どもが大きくなると、子どものためにやはり自由に暮らせる自分たちの家が早くほしい、と思うようになりました。情操教育のためにペットを飼いたい、と思ったこともあって、社宅ではペットを飼うことはできず、それもあって、一戸建てがほしい、とさらに思うようになりました。
もう一つ、一戸建てがほしいと思うようになった要因は、夫の弟家族のことです。夫の弟は、結婚したのもほぼ同じ時期、子どもが生まれたのもほぼ同じ時期で、同じく結婚後の住まいも社宅であったということもあって、張り合うつもりはなくても、なんとなくお互いの動向が気になっていました。そんなとき、夫の弟がマンションを購入したので遊びに来て、と連絡がきたわけです。
夫の弟家族は大都市に住んでいましたので、きっと戸建てを購入するのは難しくて、マンションにしたんだろうな、と思いました。だったら、うちは「兄」ですから、「弟」よりは上にいかないといけない、すなわち、マンションではなく、戸建てだあ、と思い、それが決定打になって、そこから、土地探しを始めた次第です。

PR|健康マニアによる無病ライフ|オーディオ|童話|心の童話|クレジットカードの即日発行じゃけん|英語上達の秘訣|ショッピングカート|JALカード|女性向けエステ.com|サプリメント|生命保険の選び方|初値予想|心の童話|

コメントを残す