新築住宅では太陽光発電システムがあるものを

太陽光発電システムのある新築住宅というのはオール電化である必要性があるのかといえば別にそうではないので特に気にすることはないです。逆にオール電化である住宅というのはできれば太陽光発電システムを導入しておいた方が良いというのは間違いないです。電気の価格と言うのは割と変動するからです。エネルギーを一つに頼りきるというのはお湯を沸かすことに関してもコストが高くなってしまうということもありますので、注意が必要です。新築住宅で太陽光発電システムを導入するメリットとしてあるのが屋根が強いということです。どうしても高いところに置くということが多いので家自体が頑丈であるということは太陽光発電システムを導入する最低条件と言っても過言ではないので新築というのはそういう意味において非常に優秀であるといえます。もちろん、どんどん劣化して行く事になりますから、メンテナンスなどは必要になりますが投資額がペイすれば後は利益を生み出し続けます。